ショウリョウバッタの産卵

庭でショウリョウバッタが産卵しているのを見ました。
土にお尻(産卵管?)を差し込んでじっとしていました。

ショウリョウバッタはバッタの中でも大きい方だそうで、雄が5cmほど、雌は8cmほどになるということです。飛ぶときに「きちきちきち」と音を出しながら飛ぶので「キチキチバッタ」とも呼ばれています。
オンブバッタは似ていますが、ショウリョウバッタより小型で、おもに草丈の高い畑やクズ群落などに生息するそうな。また、オンブバッタは成虫に翅はあるが飛ばないらしい。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック