テーマ:彫刻

足付き碗

以前、ルーブル彫刻美術館で見た紀元前のギリシャの足付き碗をまねして作ってみました。まだ素焼きもしていません。足は自分の足を見ながら。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの雪

今朝は少し寒いなあと思っていたら、雪がちらついていた。 鳥取生まれのネズミ男もびっくり?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大観音寺in三重県

大観音があるから大観音寺。ルーブル彫刻美術館の隣にあり、ここにもさまざまなものがありました。 招き猫のオーケストラ?なぜ? カラオケ地蔵。ん~すごいなあ。売っていました。 こちらはカラオケ観音。よほどカラオケ好きな…。 ガン封じ神獣だそうです。 カッパが滝に打たれて修…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルーブル彫刻美術館 in 三重県

榊原温泉の近く、三重県白山町の「ルーブル彫刻美術館」に行きました。 いきなりどど~んとサモトラケのニケ、ミロのビーナス、自由の女神がお出迎え。 入場口に行くと、カエルのオーケストラが…。 中も撮影可でした。表示やパンフには禁止と書いていますが、係の人が「写真撮っていただいてけっこうですよ」と。 中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝倉文夫記念館 in 大分

(写真:パンフより) やはり彫刻家の朝倉文夫の記念館にも行きました。教科書にも載っている「墓守」などの作者です。猫の彫刻も多くあり、今にも動き出しそうでした。 山の中にあり、敷地内には大分アジア彫刻展という野外展示もありました。 現代彫刻ということで、記念館内の朝倉作品とは対照的な抽象的な作品が多かったです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本市 生人形(いきにんぎょう)

熊本市近代美術館にて生人形(いきにんぎょう)を見ました。 2年前に大阪でもやっていたものです。江戸時代にこんなにリアルな人形が作られていたのねというものです。外国に売られていたものが日本に里帰りという作品も多くありました。浮世絵と一緒に展示されていて、今で言えば宣伝・広告を担うものでもあったのかと思われるものもありました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島市立美術館

鹿児島市立美術館前にはロダンのカレーの市民が1体だけあります。おそらく真ん中の像だろうと思われます。 中村晋也美術館でイタリア彫刻のクロチェッティ展がここであるというポスターを見て、急遽行くことになりました。そこで西郷さんも見ることができたのです。 クロチェッティは初めて見ましたが、職人技+造形美のある面白い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「若き薩摩の群像」中村晋也作品in鹿児島中央駅前

鹿児島の中村晋也美術館に行ったものの、写真撮影はやはり禁止なので、外に公開されている作品を撮りました。 中村晋也さんは美術館の隣のアトリエで創作活動をなさっておられるそうです。今年80歳。また、美術館の奥には倉庫があり、おびただしい数の作品が展示ではなく、置いてありました。その中に駅前にあったこの写真の作品たちもありました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島の西郷さん、ツン(犬)はいません。

上野の西郷さんはツンという犬と一緒ですが、鹿児島の西郷さんはお一人でしかも刀を差した軍服姿でした。でかい。鹿児島市立美術館の近く。城山公園内。 中村晋也美術館にはツンだけが展示されておりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more