ざりがに大発生!

「ざりがにぎょうさんおおるで~」と隣のおばあちゃんが教えてくれた。
1週間前、雨が降った後の田んぼにて。
ほんとにうじゃうじゃいました。

画像


しばし、息子、娘、ザリガニとたわむれ、逃がしてやりました。
まだ成体ではないようで薄い皮と色でした。でも、やはり威嚇してきました。

画像

とんぼの羽化

庭でとんぼが羽化した直後を見ました。
もう羽はのびきっていましたが、とてもきれいでした。

画像



色が薄いのですが、シオカラトンボかな?と思います。
お尻を見るとめすっぽいのでムギワラトンボかもしれません。

画像


ぬいだ後の抜け殻。羽が入っていたところもきちんとあるのですなあ。

画像

いしがめ…かな?

たんぼの近くの小川にて。
友達がいしがめにこっていて、見分け方を教えてくれた。
真ん中に縦の1本筋。顔は黒くて小さい。
日本産の亀は外来種に押され気味で減ってきているそうな。
斑鳩にはまだいしがめががんばっているのだにゃ~と思っていたら、そばにアカミミガメやミドリガメやらがおりました。がんばれ!いしがめ!

画像

カマキリの脱皮だっぴ…。

今年はやけにカマキリの幼虫が目につきます。
勝手に生えてきたコスモスや、ずっと茂っているパイナップルセージの葉っぱによくくっついています。
脱皮した後の抜け殻もよくあるのですが、先日は脱皮中も見ました。
ゆっくりゆっくり脱いでいるようでしたが、じっと見ていると恥ずかしいのか動きませんでした。

画像


そこここに抜け殻があります。
昨年見たときは蜘蛛に吸われた後の死骸かと思っていました。
これだけ数を見て、脱いでいる途中も見たら納得です。

画像

吊るしからす

斑鳩町界隈にもからすが多いです。ゴミは荒らすわ、農作物は荒らすわ…。
だからでしょうか、田畠の真ん中に2羽、からすが吊るされておりました。
はじめは作り物?かと思っていましたが、いやいや、なんの、本物。
見せしめでしょうか…。

画像

謎のゲル状の物の正体は!?

冬に見つけたゲル状の物体、それは今なお、ありましたが…

画像


その正体は?! どこかで見たことがあるなあ。
そうそう、スーパーの青果売り場。

画像


たらのめじゃん!
それが開くと、こんな感じに。

画像


葉っぱになりま~す!
画像


「たらのき」という木だったようですなあ。
栽培されていたのね。

http://www2.odn.ne.jp/shokuzai/taranome.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/タラノキ
http://www11.ocn.ne.jp/~cheechro/saibai-taranoki.htm

移植した皮膚にも発毛…春だなや~

昨秋、指先を電ノコで皮一枚残して切断した相方の指。
腹部に2週間近くくっつけて、肉と皮膚を自然に?移植。
その後、しびれが長く残っているものの、腹部の皮膚もなじんできたのか、先日、発毛を発見。
少しずつ小さくなってきているが、まだ「コブ」っぽい。
感覚も少し出てきたらしい。細かい作業はまだまだ不自由だが、かなりよくなったのかも。

画像


今だから見せられる、腹部と指の縫合中の様子。
右腹部の皮を筒状にしてその先と指の肉の薄くなった部分をくっつけて縫合しています。指先から出ている針金は骨を固定させるためです。これがいろいろひっかかって大変だったのです。この針金は入院してすぐの手術から7週間の入院中、そして退院後1ヶ月くらいまで入っていました。

画像