雪の多い年ですなあ。

今日も朝、うっすらながら細かい雪が積もっていました。
水道の水は凍ってつららに。

画像


散歩がてら久々に上宮遺跡公園へ。
お、ナスカの地上絵のようなものが・・・。周りには26~7cmほどの足跡が。
大人?高校生?おそらく男の人が描いたもよう。おちゃめ。

画像


地上絵の上をわんこが走り回る。

画像



中宮寺跡の竹やぶがなくなりました。

中宮寺跡はちょうど1年ほど前にラジオウォークの解散場所になった所です。
元々わりと広いところで小学校の校庭より若干狭いかな?というほどです。
周りの木が剪定され、竹やぶも刈られました。
1本の木がそびえ立っています。竹やぶのあった所は礎石もありますが
ちょっと小高いでこぼこの丘。
さながら高原のようなイメージに見えます。

画像

鳥さん・・・

これは大雪の翌日、散歩のときに出会いました。
うぐいす色だけど、うぐいすとは違うっぽい。
メジロでもなさそう。
さてこの鳥さんは何??
どなたかご存知のかた、教えてくだされ。

画像

2月11日の法隆寺門前

昨日アップできませなんだ。眠くて眠くて。
今朝は全身筋肉痛でごわす。

日の丸が・・・祝日だからね~。
こういうことにはあまりとやかくいう人はいないのね。
オリンピックとかにも・・・。
でも、学校などの式典では必ず反対する人がいます。
自分の国の旗を教えずにどうするのだろう?と思いますが。
反戦旗としての日の丸というのがあってもいいと思うのですがね。

画像


よい晴天でくっきり塔も浮き上がって見えます。
雪が洗い流した?

画像

11年ぶりの大雪・・・三塔も撮ってみましただ。

法起寺は朝は、数人でお掃除をしていました。

画像


こんなに降ってくると作業できないわな。

画像



法輪寺も真っ白け。昭和時代に再建された三重の塔なので朱色が鮮やか。雪の白と相まっていい感じ?

画像


法隆寺は意外に人が多かったです。三連休のしょっぱなだし、11日にはマラソンもあるし、県外からも来ているのかな?
雪の白とあざやかな服の色が楽しい。

画像


東大門から西へ望む。

画像


我が家のネズミ男も雪に埋もれて遭難。

画像


庭のフィギュア達には変な積もり方。丸くボールのように。
心なしか恨めしそうな表情に見える。

画像


法起寺の冬

お正月散歩時の法起寺です。
写真がなかなかアップできず、たまに夜中なんかにすると
しゅうっとアップできたりします。混んでいるのかな。

法起寺の左の白い建物はレストラン「井戸元」であります。
ずいぶん向こう側のはずなのに撮り方によっては近くに見えますなあ。

画像

たこあげ

お正月には凧揚げて~コマを回して遊びましょう~

小1の息子の宿題で「昔遊び」というのがあったから・・・というわけでもなく上新のおもちゃ売り場でたまたま目に入ったから買ったのでした。
ゲイラカイトはさすがに高くよく飛びましたよん。

3日ほど凧揚げをしていましたが、最後にはゴミ袋や新聞紙、針金を使って自作の凧を揚げている46歳児がいました・・・。



画像

斑鳩神社の火

だいたい毎年斑鳩神社に初詣に行きます。
お参りして、お屠蘇をいただき、おみくじをひいて
そして火に当たる・・・というパターンです。

火は丸太を何本も組んでさながらキャンプファイヤー・・。

画像

男子!in浜

久々に海辺を散歩した。
石投げをついついしてしまう私。波があるからなかなかはねません。やっとこさ5連。川ならもうちょっと行くかな。

しばらくすると小学校高学年くらいの男子がちゃりで数人やってきた。中坊の娘は嫌そうな顔。
しかし、やることはかわいい。堤防を先まで行ったり、堤防の下の狭い所を忍者のようにかに歩きで並んでつたって行ったり。

息子は参加したそうだったが、貝拾いに専念することにしたらしい。

画像


男の子って、本当におもしろいなあ。
まあ、40こえても似たような人が我が家に約1名いますが・・・

晩秋の法輪寺と柿

今日は霜が降りていました。
法輪寺の周りの柿も熟しきって落ちそうなものがたくさんありました。
たき火をしているのか、煙たいです。
その煙もなかなか幽玄な感じがして秋の深まりを感じさせてくれますなあ。

画像

コスモスと法起寺

ここんとこ、写真のアップロードがうまくいってませんでした。
諦めてしばらくほうっておりました。
久々にアップしてみたらきちんといくではありませぬか・・・。
ありんこたちは全滅し、かびだらけです。うう~。
気分転換に法起寺の秋を。

画像

ショウリョウバッタの産卵

庭でショウリョウバッタが産卵しているのを見ました。
土にお尻(産卵管?)を差し込んでじっとしていました。

ショウリョウバッタはバッタの中でも大きい方だそうで、雄が5cmほど、雌は8cmほどになるということです。飛ぶときに「きちきちきち」と音を出しながら飛ぶので「キチキチバッタ」とも呼ばれています。
オンブバッタは似ていますが、ショウリョウバッタより小型で、おもに草丈の高い畑やクズ群落などに生息するそうな。また、オンブバッタは成虫に翅はあるが飛ばないらしい。

画像

アントクアリウム(小さいあり2日目)

2日目にはかなり長い道になっていました。


画像


家政婦は見た・・これがありの戦争??
画像


10匹のうちどうやら別の巣のありが混じっていたからなのか2匹は撲殺?というか引っ張られたのか、殺されていました。(多い方の2匹のありが1匹を引っ張り合っているところを目撃!)そしてばらばら死体にされてあわれな姿に。

画像



観察者はこんな感じ・・

画像

蟻はスズメバチの仲間?!

もともと蟻は「スズメバチ」の仲間だそうな。フムフム。
http://ja.wikipedia.org/wiki/で「アリ」を探すと出てきますだ。
以下wikiから引用です

「アリ(蟻)は、昆虫綱・ハチ目・スズメバチ上科・アリ科(Formicidae)に属する昆虫を指す。体長は1mm-3cmほどの小型昆虫で、人家の近くにも多く、身近な昆虫のひとつに数えられる。原則として、産卵行動を行う少数の女王アリと育児や食料の調達などを行う多数の働きアリが大きな群れを作る社会性昆虫である。
なお、シロアリは大きさや集団生活をすることなどからアリに似るが、アリとは全く別の昆虫である。」

アントクアリウム

NASAが開発したとかいう、アリの観察容器。砂ではなく砂糖入りのジェルが入っている。

http://shop.gakken.co.jp/shop/jiyuu/otasuke/otasuke_goods/363.html

で、ぽちっとなしてしまいましただ。

さっそくアリをつかまえに行きましたが、手でつかまないでという説明書きに従い、割り箸で・・・って、アリってほんとにすばやい。
苦労して5匹。後で娘が1匹足して6匹。



じっと見ているとなかなかなごみますなあ~。
働きアリで、巣の外に出ているのはおばあさんアリだそうな。

画像

クロアナバチ

昨年から庭にクロアナバチがよく巣を作っています。
穴を掘って掘って・・・少々石ころがあってもうまく運び出します。
ああ、蜂と蟻ってやっぱりよく似ていますなあ、とつくづく思いました。
黒いし。

画像

これは何でしょうか?

田んぼや用水路で見られるこのどくどくピンクの物体はいったい何でしょうか?
と、数年前から気になっていましたが、今年、正体がわかりました。

画像



画像


それは、有害動物に指定されているという「ジャンボタニシ」の卵だったのです。

画像


子供のにぎりこぶしぐらいありそうなでかいタニシです。
食用に輸入されたらしいですが・・・
稲の苗を食べてしまうという害があるそうな。いやはや。
素手で持つと寄生虫とか菌があるそうで厳禁だとか。