日本一のクス in 鹿児島蒲生町

画像

画像


日本一のクスという表示があり、立ち寄りました。蒲生八幡神社の境内にあります。
とにかく大きい~。裏に行くとなぜか戸のようなものが…
縄文杉よりは新しいようですが樹齢推定1500年。
樹高30m、根廻り  : 33.57m、目通り幹廻り : 24.22m

現地の説明板より…………………………………………
「蒲生のクス」は、昭和63年度の環境庁の巨樹・巨木林調査によって、 日本一の巨樹であることが証明された。 樹幹の下部には凹凸が多く、内部には直径 4.5m(約8畳敷)の空洞がある。 枝はりは四方に広がり、その壮観な様は、まるで怪鳥が空から降り立ったようなである。
保安4年(1123)に蒲生院の領主であった蒲生上総介舜清(かもうかずさのすけしゅんせい)が 豊前国宇佐八幡宮を勧請して、この地に正八幡若宮(蒲生八幡神社)を建立した。その時すでに 「蒲生のクス」は神木として祀られていたという。
伝説では、和気清麻呂(わけのきよまろ)が宇佐八幡の信託を奉上(ほうじょう)し大隅に流された時に 蒲生を訪れて、手にした杖を大地に刺したところ、それが根づき大きく成長したものが「蒲生のクス」だとも言われて いる。
また、出水地方に残る伝説では、悲しき恋物語によって「出水の大楠」と「蒲生のクス」は 互いに相思(そうし)の楠であったとも言われている。
………………………………………………………………
とのことです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック